塩尻〜福島宿
(2001.4.30〜5.2)

1日目:塩尻から贄川宿

2日目:贄川宿から藪原宿

3日目:薮原宿から福島宿


3日目(2001年5月2日)薮原宿から福島宿


◆ 薮原から宮の越 ◆ 

 天気は西から下り坂で,午後の降水確率がかなり高くなっている.なんとか午前中は天気は持ちそうなので,予定通り薮原から福島へ向けて歩く事にした.きのうと同じ松本7時42分発の中津川行きの普通電車で薮原へ向かった.
 薮原駅に8時37分に着き,駅のすぐ東にあるガードをくぐり,中山道へ出て西へ向かう.すぐに一里塚跡がある.その先でJRのガードをくぐり,国道と合流する.ここからはしばらく国道の歩道を歩く事になる.気温を示す電光板が9℃を示している.きのうにくらべるとかなり肌寒い.国道の切り通しの部分で突然中山道をモチーフにした巨大彫刻が現れた.その先に吉田洞門があり,洞門の横の歩道を歩いたが[9:11],信濃路自然歩道は洞門の手前から木曽川の向こう側へ廻り,向吉田の集落を経て国道に戻って来る.標識に従って歩けばこのコースになるのだが,少し遠回りになる.天気が下り坂のため,あまり遠回りしたくないのでこの間は国道を歩いた.何回か木曽川を渡ると国道は山吹トンネルに入っていくが[9:31],トンネル内を歩くのは危険なので,トンネルの手前から右に折れて旧国道を行く.このあたりで木祖村から日義村に入る.旧国道は落石がゴロゴロしており,こちらは別の意味でこわい道であった.トンネルの出口で国道と合流し,山吹橋を渡り[9:46]すぐに右に折れてJRの橋の下をくぐったところが巴が渕である[9:50].
 このあたりは木曽川が巴状にうずまくため,巴が渕と名付けられたとの説明があったが,渦は見えなかった.紅葉の季節はさぞ美しいだろうと思う.周辺は小さな史跡公園になっており,トイレや飲み物の自販機があった.巴が渕のすぐ先で木曽川を渡り,徳音寺集落を通り,再び木曽川を渡ると宮の越宿である.日義村は木曽義仲で売り出しており,中山道から義仲橋を渡った木曽川の対岸に義仲館がある.興味があれば立ち寄るところであるが,天気の変化が早そうなのでパスした.宮の越宿の本陣跡には「宮越宿は中山道のちょうど中間地に位置し,…」という案内板があり,その横に「江戸より66里35丁,京へ68里22丁」と書かれた標識が建っている[10:25].

国道の切り通しにに現れた彫刻

巴が渕

◆ 宮の越から福島の関所 ◆

 宮の越を出ると,中山道はJRに沿ってしばらく進む,途中で宮越一里塚跡があるが,看板が立っているのみで一里塚は見当たらない[10:42].近くに生コン工場があるため,時折ミキサー車が排気ガスを出しながら通って行く.道がJRと交差すると原野の集落である[10:51].原野は中山道の中間点になり,原野駅を過ぎてしばらく行くと「中山道中間点」の案内板がある[11:15].江戸,京の双方から67里38丁(約268km)との説明がある.この案内板の角を左に曲がると,「道の駅 日義木曽駒高原」がある.中山道はこのまま真直ぐに進む.突き当たりにスーパーがあったので,ここで昼食用のパンを買う.スーパーの前を左に曲がり,いったん国道へ出ると,すぐに木曽福島町へ入る.道路右手に見えた相撲場で先ほど買ったパンを食べた.
 国道から右にそれて,栗本の集落に入ったあたりで12時になり,スピーカーから木曽節のメロディーが流れてきた.手習天神を過ぎて,JRの跨線橋を渡ってすぐに左に曲がり,木材加工場の間を進む.国道と合流したあたりにコンビニ「タイムリー」がある.そのまままっすぐ歩いて福島関所に着いた[12:36].
 関所では600円を払って,山村代官屋敷,木曽福島郷土館との共通入場券を買う.福島関所は日本四大関所(福島の他は箱根,新居,碓氷)のひとつで,中山道の入り鉄砲,出女を厳しく取り締まったところである,特に女性に対する取り締まりは厳しく,関所を通過するのに約2時間を要したとの説明があった.
 

中山道中間点(原野)

福島関所

◆ 福島の未来予想図 ◆

 関所を後にして,中山道をはずれ,木曽川を渡って木曽福島郷土館に向かった.福島郷土館は福島城へ向かう途中にあるため,少し坂道を登る.展示品でいちばん印象に残ったのは,地元の小学生(だと思ったが中学生だったかもしれない)が造った「木曽福島の未来予想図」という模型である.高層ビルやリニアモーターカーが走る姿ではなく,昔ながらの石積みの家が並ぶ福島の姿である.
 次に.代々福島の関所を預かった山村氏の屋敷跡である山村代官屋敷を訪れた.饗宴の際の食事を復元した展示が興味を惹いた.どうも食い意地が張っているいるようで,あまり良くない(自分の事).
 山村代官屋敷の前の大手橋を渡った突き当たりが町役場で,福島宿の本陣跡にあたる.役場に立ち寄って観光のパンフレットを集めた.木曽福島駅の観光案内所にもパンフレットが揃っているので,駅を起点とする場合はここで資料を集めれば良いだろう.
 役場から西へ行くと崖屋づくりの家並みが見える.行人橋から見ると,家々が川の上にまでせり出して立っているのがわかる.狭い土地を活用するための工夫であろう.このこ頃から雨が降り始めた.
 行人橋から少し関所方向に戻り,常夜灯の立つ交差点から中山道に入る.しばらく行くと高札場があり,その隣に,塀に「落石頭上注意」と貼り紙のある家がある.よく見ると屋根は板張りでその上に重石が載る,昔ながらの石積みの屋根であった.そして,その先に最も街道の雰囲気を色濃く残している場所がある(下の写真).雨に濡れる宿場町もまた美しいと思った.
 そのまま,木曽福島駅へ向かい,1時間程電車を待って,15時29分の中津川行き普通電車で戻ってきた.福島の街で雨に降られたものの,道中では雨に降られる事なく3日間歩く事ができた.かろうじて運はまだついている感じであった.福島から西は日帰りで歩くことにしているので,今年の夏の長期休暇からは,中山道上州路を歩く予定である.

崖屋づくりの家並み

石積みの家(福島)

中山道沿いの家並み(福島)

所要時間 約6時間(食事,休憩,福島市街の見学の時間を含む)


スーパー,コンビニ情報

日義村:原野の中山道中間点の説明板のある角を国道方向に曲がるとJAのスーパー.国道の向こう側に「道の駅 日義木曽駒高原」
福島:出尻の国道沿いにコンビニ「タイムリー」.木曽福島駅にKIOSK

交通情報

薮原:JR中央本線薮原駅で下車.ガードをくぐり,駅の反対側へ出て最初の道が中山道.
福島:JR中央本線木曽福島駅下車.駅前の道を右(塩尻方面)に行き,坂を降りて,JRのガードの手前を左に折れたあたりが中山道の古い家並み.


1日目2日目3日目

menuへ戻る